第5回ワークショップのご案内:「新たな人類社会を形成する価値の創造〜スマートディストピア!?〜」

第5回ワークショップを開催します。ワークショップでは、「新たな人類社会を形成する価値の創造」という大きなテーマのもと、「スマートディストピア!?」をテーマに、パネルディスカッションやグループディスカッションなどを行い、多様な分野の研究者や社会のステークホルダーによる共創の場をつくります。

ワークショップへご参加・ご視聴をありがとうございました。

なお、ワークショップの記事を改めてホームページで公開いたします。ぜひご覧ください。

背景

現在、世界中で建設が進められているスマートシティ。でもそもそも「スマートシティ」とは何なのか?それは持続可能な社会を実現する切り札なのか?それとも、そこで待ち受けているのは過剰監視社会というオーウェル・ディストピア、それとも効率化に一元支配されたリオタール・ディストピア、はたまた未だ正体不明の第三のディストピアなのか? 本ワークショップでは、スマートシティの多様性・多義性を視野に入れつつ、そのポテンシャルと危険性を、IT技術者と人文社会学者の視点を交差させ、西洋的価値観に回収されないアジアの人間観・社会観をも参照しつつ徹底討議します。

概要

● 日時 : 2021 年 9 月 6 日(月)13時~16時

●場所/形式: オンライン開催

● プログラム : 後述

● 対象 : 本ワークショップの目的・趣旨に賛同する研究者および社会の実務家

● 定員 : 参加者*:20名程度(参加には事前に応募が必要です)

     視聴者*:制限なし(視聴には事前に応募が必要です)

     *参加者と視聴者の違いについては、後述の「参加方法について」を参照ください。

● 参加者及び視聴者応募方法 :申込みフォームからオンライン申込み

● 募集期間 : 参加者:2021 年 8 月 5 日 ~ 2021年 8 月 30 日(オンライン申込み)

       視聴者:2021 年 8 月 5 日 ~ 2021年 9 月 2 日(オンライン申込み)

       注)参加者・視聴者の申し込みは締め切らせていただきました。

● 参加費 : 無料

● 主催 : 大阪大学社会ソリューションイニシアティブ

プログラム

13:00 WS案内 小出 直史 大阪大学SSI 特任准教授

13:05 開会挨拶 堂目 卓生 大阪大学SSI長/プロジェクトマネージャー
13:10 テーマ代表者挨拶 出口 康夫 京都大学大学院文学研究科 教授
13:15 フラッシュトーク
13:50 休憩 (10分)
14:00 パネルディスカッション

14:45 休憩 (15分)
15:00 グループディスカッション
15:45 全体討議
16:00 閉会挨拶 出口 康夫

パネルディスカッション ~パネリスト~

氏名 所属・役職
帝都 久利寿(ていと くりす) コネクトフリー株式会社 代表取締役総合開発責任者兼CEO
加藤 猛(かとう たけし) 京都大学オープンイノベーション機構日立京大ラボ 特定准教授

グループディスカッション ~テーマとモデレーター~

テーマ 氏名 所属・役職
スマート倫理 村上 祐子(むらかみ ゆうこ) 立教大学大学院人工知能科学研究科 教授
サイバーデモクラシー 坂出 健(さかで たけし) 京都大学公共政策大学院経済学研究科 准教授
スマートディストピア 大西 琢朗(おおにし たくろう) 京都大学人社未来形発信ユニット 特定准教授

テーマ代表者紹介

出口 康夫(でぐち やすお)

京都大学大学院文学研究科 教授

専攻は哲学。京都大学大学院文学研究科博士課程修了。博士(文学)。現在、同大学院哲学専修教授・京都大学副プロボスト。数理哲学に加え、新領域である分析アジア哲学を研究。近著にWhat Can’t Be Said: Contradiction and Paradox in East Asian Thoughts (Oxford University Press, 2021)がある。京都大学人社未来形発信ユニット長としてオンライン講義シリーズ「立ち止まって、考える」を主導すると共に、NTTや日立製作所との産学連携も行っている。

参加方法について

本ワークショップでは、参加者と視聴者に分けて募集します。参加者はフラッシュトーク、グループディスカッション、全体討議にそれぞれ参加いただきます。視聴者はワークショップの様子を配信する映像を視聴いただきます(下表を参照)。視聴者はQA欄あるいはチャット欄を通じて質問をすることが可能です(時間の関係上、全ては取り上げられませんので予めご了承下さい)。参加者につきましては、応募を多数いただきました場合には、プロジェクトマネージャー及びテーマ代表者のもとで、議論の多様性を確保するなどの観点からご参加いただく方を限定させていただく場合がございますので予めご了承下さい。

項目 参加者 視聴者 メモ
フラッシュトーク

参加者は自己紹介シートを作成の上、

【参加者用】申し込みフォームから申し込みいただき、

当日は1分間の自己紹介をしていただきます

パネルディスカッション 参加者・視聴者ともに視聴のみとなります
グループディスカッション

参加者は任意のグループディスカッショングループに
参加していただきます(当日選択)。

視聴者は3グループのうち1グループの様子を
視聴いただきます(グループは選べません)

全体討議 参加者は討論に参加いただきます
参加者リストの公開

参加者には参加申込み時に公開の可否を確認いたします

リストはワークショップ開催後ホームページ上に
掲載させていただきます

自己紹介シートの公開

参加者には参加申込み時に公開の可否を確認いたします

シートはワークショップ開催後ホームページ上に
掲載させていただきます

情報公開について

本ワークショップでは、参加者の参加者リスト(氏名・所属・研究分野)および自己紹介シートをホームページ上に掲載する予定です。参加申込みフォームにて公開の可否を確認させていただきます。なお、視聴者に関する情報は公開しません。

申込み資料と参加申込み

案内チラシ

この記事をシェアする